あとから後悔しない庭の作り方

庭作りは初期段階からしっかり計画する

住宅を建てる場合、庭のデザインは住宅全体のイメージに大きく影響を及ぼします。ヨーロッパスタイル調のガーデニングや、純和風の石庭など、さまざまなスタイルにアレンジすることが可能です。しかし、いくら庭といえども、住宅部分が決まってから考えれば良いものではありません。初めの設計段階からしっかりと考慮して、計画を立てることがポイントになりますよ。
例えば、土地の面積に対して、住宅をどれくらいの大きさで建てるのかによって、庭のサイズも必然的に決まります。この場合、玄関までの動線も必要になるので、あまりにも狭すぎる場合は庭を造ることは難しくなるのです。このような問題を解決するためには、住宅の間取りを考える段階から、エクステリアの具体案も計画することをオススメします。

外観のスタイルにも大きく影響する庭のデザイン

庭のサイズが決まったら、続いては実際にデザインを決める段階に入ります。ここでポイントなるのは、庭単体のデザインを考えるのではなく、住宅全体のデザインを総合的に考えることがポイントです。例えば、住宅の外壁や屋根のデザインがシンプルモダンで決めたのに、庭だけが純和風になってしまうと違和感を感じる可能性が高くなります。逆に庭のデザインがヨーロッパテイストにもかかわらず、住宅のデザインが純和にした場合も同じ現象が起こります。したがって、住宅と庭のスタイルがしっかり調和するように計画することが重要です。
以上のように、庭を計画する時はあらゆる要素との兼ね合いを考えつつ、早い段階から計画を立てるようにしましょう。

一戸建ての場合、集合住宅と比べて騒音問題が発生しにくく、快適な住環境を確保できるため、子育て中のファミリーでも安心です。