庭木を植えたい人への注意点!

隣家への配慮はどうしても必要

一戸建てのメリットは、建物を自由に設計できるだけでなく、自由に庭を設計できることでもあります。しかし、その庭に木を植えるとなると、様々な注意点に制約されることにも留意しなければなりません。庭木は、燐家との境目付近に植えることが多く、枝が隣家に食み出したり、根や地下茎が燐家に伸びたり、害虫が大量発生したり、落ち葉をばら撒いたりと、トラブルを発生させがちになります。植える位置、植える植物の種類や大きさ、剪定の周期や方法、これらにも注意が必要です。安易に考えるとトラブルを発生させがちですが、予めトラブルを予想して、事前に対処した庭設計をするのであれば、大きなトラブルに発展することを上手に防止できます。

希望に合った庭木植栽の方法

庭木の種類は、その土地に合ったものを選び、季節の変化に応じてどう姿を変えるものかを調べ、将来はどこまで大きく成長するものかを熟慮し、植える位置や間隔なども慎重に考える必要があります。大きく成長する樹種であれば、あとで植え替えて位置を変えることは困難です。事前の庭設計は、その後のことを考えると、かなり大切なことです。このように、選べる樹木には色々と制約もありますが、選択肢も充分に広いですから、庭師などの専門家の意見も取り入れ、自分の希望を可能な限り実現できるよう考えることは、悩ましいことではありますが楽しいことでもありますので、庭設計に当たっては、制限を受けながらも自由自在にアイデアを込めるようにしましょう。

新築一戸建てに住むと、掃除をすることが頻繁になり一時的に掃除機の稼働回数がそれまでの倍以上になります。